未分類

たった一つの工夫でストレス軽減される方法を解説。

こんにちは、にっしです。

今回はほんの少しの工夫で
外部から受けるストレスを軽減できるよ
という話をしていきます。

僕は昔、吃音や不登校、バイト地獄といった問題を抱えていて
普通にいきているとストレスで死にそうになっていました。

で、そんな状態から今ではストレスフリーな生活を実現できていますが
その状態にするために工夫したことがあるのでそれを紹介していきます。

でさっそくその方法をお伝えするのですが
それは顔の表情を手で動かすという方法です。

何かでストレスを抱えている人は
暗そうな顔をしていることが多いです。

そしていつも明るい人は表情が豊かなんですよね。

僕の経験を話すと僕は高校生のときに
ある事故がきっかけで不登校になり
ずいぶんと暗い過去を過ごしていました。
(詳しく語ると長いので無料電子書籍に当時の様子を書いてます)

毎日布団の中で悩みを抱え相談できる人もおらず
僕の人生は転落する一方。

将来の不安を抱えながらいつも泣いていました。

当時は親からの学校に行けという圧力、
進路を決めないといけないという重圧、
苦手な人間関係の悩み

これらすべてが僕のストレスになりいつも頭が爆発しそうでした。

そんな時に僕は何とかしてストレスを
軽減する方法がないか調べていました。

 

そして出会ったのが顔の表情を手で操作するという方法でした。

でなぜこの方法がいいかというと
人間は何か面白いことや嬉しいことがあると
脳から快楽物質(ドーパミン)がでるようになっています。

脳が嬉しいと感知する

顔の表情が豊かになる(笑顔になる)

というように情報が伝達するようになっているんですよね。

これメカニズムを逆手に取ったやり方が
今回紹介している自分の手で表情を作る(笑顔を作るという方法です。)

自分の手で笑顔を作る

脳が喜んだと勘違いして快楽物質(ドーパミン)がでる

と、こんな仕組みになっています。

 

僕はこの方法を活用して毎日鏡と向き合いながら
数分間だけ笑顔を作る練習をしていました。

普段よく笑っている人からしたら笑顔を作る練習!?
と疑問に思うかもしれませんが
引きこもりでウツになっていた僕は笑うことが無かったので
表情筋を動かすことが非常に難しかったんですよね。

いつも表情が硬直して手で笑顔を作る練習をするたびに
筋肉が反発してなかなかうまくいかなかったのを覚えています。

そんな僕でも鏡と向き合いながらほんの少しだけこの練習をすることで
気分もめちゃくちゃ楽になったし普通に笑うことができるようになりました。

これは表情筋がそんなに固くなければすぐに効果を感じることもできると思います。

特に外で散歩しながらやったりするといいですよ。

僕も時々、ネガティブになりそうとか少し悩むことがあれば
これをやってストレスを軽減しています。

この方法は本質的な問題の解決すること
(悩みの種を無くすこと)はできませんが
ストレスを軽減するという意味では
かなり効果があります。

なので何か悩みの種があるというときは
ぜひこの方法を実践してみてください。

表情筋を自分で動かして笑顔を作るとストレスが軽減される。

経済的に自立した方法を期間限定で公開。

現在、期間限定で1200円の電子書籍を無料でお配りしています。

僕はもともと不登校、吃音、浪人失敗と
20歳までは何かにチャレンジしても失敗ばかり。

吃音、不登校だったため
人間関係も決していいものではなく
人生を変えたいと思っていても
なかなかうまく行かない日々。

バイト地獄も経験し社会の厳しさを知る。

そんな僕が情報発信ビジネスで
なぜ稼げるようになったのかを記しています。

現状に満足していない、人生を変えたい。

そんなあなたにぜひ手に取ってもらいたい書籍
成長の軌跡を出版しました。

ぜひこちらに登録して受け取ってください。