ブログ

本田翼のYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」がヤバすぎる

 

こんにちは、にっしです。

皆さんは「ほんだのばいく」というYouTubeチャンネルをご存知でしょうか。

 

本田翼さんというめちゃくちゃ有名な女優がやってるやつです。

その「ほんだのばいく」というチャンネルなんですけど今ではYouTube界の伝説になっているので今日はそのことについて話していきます。

伝説「ほんだのばいく」

もう、YouTube史上、異例中の異例w

本田翼はYouTubeでもここまで威力があるのかって感じですね。

実際に現時点で「ほんだのばいく」に出している動画の数は3本。

しかも、最近始めたわけではなく1年ほど前に2本の動画、数ヶ月前に1本と完全にYouTubeを舐めてるわけです笑

 

ただ、フタを開けてみるとたった3本の動画でチャンネル登録者数129万人。

再生回数は動画1本目463万回。

2本目、318万回。

3本目、495万回。

本気で毎日投稿しまくっても再生回数があまり伸びないYouTuberのほとんどは嫉妬したと思います笑

 

例えば1ヶ月前の動画をみるとタイトルは「10月22日と近況。」

編集も全くなし。

本田翼さんが近況を語っているだけの動画です。

にもかかわらず495万回再生。

 

毎日投稿を頑張っているYouTuberは度肝を抜かれたと思う。

 

本田翼はどんなYouTubeをやっているの?

本田翼さんは自分の趣味のゲームに関する動画を上げていますね。

ゲーム実況です。

あとは顔だして近況報告。

動画自体は少ないのですぐに全て見ることができます。

ただ、驚きなのが本田翼がゲーム実況をするだけでここまで動画が伸びるということですね。

影響力がヤバすぎる。

でなんでこんなことになったかというと本田翼はいろんなテレビやドラマなどのメディアに出ていますがみた人が確実に「ファン」になるというところが大きい。

 

芸能人でもYouTubeして伸びる人伸びない人がいるわけですけど元々のメディアでどれだけファンが作れたかが重要なんですよね。

 

実際にゲームには興味なくても本田翼がYouTubeやるならみたいと思った人は多いと思います。

僕はゲームに全く興味がないし、話にはついていけなかったけど本田翼がyoutubeしているというだけで全て見てしまったわけです。

 

僕の場合、初めて本田翼のファンになったのが「わにとかげぎす」というドラマを見てからですね。

本田翼と有田哲平が主演のドラマですがあれを見て演技とキャラにハマったことがあります。

有名なだけではなく「ファンを作れる人」

もちろん本田翼はYouTubeに参戦する前から知名度が高かったわけですけどyoutubeでこれだけ注目度が高いのはファンの数が圧倒的に多い証拠ですね。

逆に有名人でYouTubeに参戦したらいまいちだったというパターンもありますがそれはファン化がうまくできていないからなんですよね。

 

ただ、有名な人ではなく「ファンを作れる人」が生き残る時代になってきたんですよね。

例えばテレビでもニコ生でもいいんですけどちゃんとファンを作れる人はどんな状態になっても生き残れるわけです。

例えばYouTuberで有名なラファエルさんはアカウントがBANされて一時期大騒ぎになっていたけどラファエルさん自身に元々ファンが多かったからチャンネルを変えてもすぐに復活。

面白い企画が作れる人だからこそアカウントがかわろうが主戦場がYouTubeから変わっても生きていけられるんですよね。

 

で、別にYouTuberや芸能人になる必要はないのですが人をファンにする力は特にこれからの時代は持っておくべきなんですよね。

魅力的な個人になれば情報を発信するだけでビジネスになる時代なんですよね。

YouTube、ブログ、SNSとなんでもいんですけど情報を拡散する力をもてばその拡散力が価値になるわけです。

昔、よりも手段はだいぶ広がったし働き方も増えてきました。

もし本田翼が本気でYouTubeやったら

毎日投稿で広告収入をえる
ゲームを宣伝してほしい企業から企業案件を受ける
独自イベントの集客に使う

などやり方次第では普通に収益は億を超えるでしょう。

本田翼さんはファンが多いので広告としての効果も抜群ですね。

トップYouTuberも普通に狙えるかなと。

ほんだのばいくを見て改めてファン化って最強だなと思いました。

ではでは〜。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です