未分類

【これだけで解決】5分でできる開業届の出し方

 

こんにちは、にっしです。

起業した時にぶち当たる壁として
開業届、いつ出すの?
どうやって出すの?
どこで出すの?

といった悩みないでしょうか。

僕はこういった役所に届出をするものが
大の苦手人間です。

もう、最初に開業届と聞くだけで
「あ、めんどくさそうなやつね」
ってなるじゃないですか。

 

でも実はめちゃくちゃ簡単というか
こんなあっさりできるんだ!と
驚くほどかんたんなものです。

 

この記事をみるだけで
すぐに開業届を出して
事業が開始できるので
ぜひ、読んでみてください!

 

①開業届はどこで出せばいいのか?

開業届を出す場所は
住民票のある市の税務署です。

それぞれお住まいのところに〇〇市税務署
というところがあると思います。

そこで全ての手続きが完了できます。

 

②開業届をどうやって出せばいいのか?

これはもう簡単で
とりあえず税務署に足を運びましょう!

 

そして開業届を出したいと担当者に言えば
必要書類を出してくれます。

2枚用紙が渡されるんですけど
以下のものがそうです。

・個人事業の開業・廃業等届出書

青色申告承認申請書

 

で、これらに必要最小限にことを書けばオッケー

記入欄や複雑なこともほとんどなく
もし不明点などがあれば担当者に聞けばいいです。

厳密にいうと開業は
個人事業の開業・廃業等届出書
の書類だけでもいいのですが
青色申告とよばれるものを書いて損はしないので
もう書いておけばいいです!

開業届と一緒に出しておきましょう!!

 

③持っていくもの

必要なものは
・印鑑
・マイナンバー
・身分証明書(免許書など)
これだけですね。

 

④書きに行くタイミングは?

開業届出すタイミング
開業日から1ヶ月以内とされていますが
僕は起業を決意したらすぐに
書きにいけばいいかなと思います!

利益が出なかったら確定申告は
必要ないので気軽に出しにいけばいい。

で、税務署にいって書類を書いたら
こんなに簡単なことなんだ!と驚きます笑

 

僕は5分から10分程度で終わりました。

というか僕が税務署に行った時って
税務署が閉まる8分前とかだったんですよね。

駆け込みで速攻で書きましたw

多分、開業届の出した速さで勝負すれば
結構上位のランクに入ると思います笑

それぐらい簡単なことなので
ぜひ、やってみてください!

 

ではでは〜

 

 

経済的に自立した方法を期間限定で公開。

現在、期間限定で1200円の電子書籍を無料でお配りしています。

僕はもともと不登校、吃音、浪人失敗と
20歳までは何かにチャレンジしても失敗ばかり。

吃音、不登校だったため
人間関係も決していいものではなく
人生を変えたいと思っていても
なかなかうまく行かない日々。

バイト地獄も経験し社会の厳しさを知る。

そんな僕が情報発信ビジネスで
なぜ稼げるようになったのかを記しています。

現状に満足していない、人生を変えたい。

そんなあなたにぜひ手に取ってもらいたい書籍
成長の軌跡を出版しました。

ぜひこちらに登録して受け取ってください。