マインド

孤独は苦しいかもしれないけど起業で大きく成功している人ほど孤独を経験している

 

どうも、にっしです。

 

成功者と呼ばれるような人たちは

まわりのひとや友人にかこまれて

幸せのように見えるけど

 

実際には”孤独”を経験して

成功し仲間に囲まれるようになった

というパターンが多いんですよね。

 

 

むしろ、成功している人は

孤独の時間を大切にしています。

 

遊ぶときは遊びつつ、

群れてまわりに流されることはない

というイメージですかね。

 

もしかすると今、

孤独でつらいという人がいるかもしれませんが

それは将来のための”種まき期間”とも言えるので

成功するために必要な期間だととらえて

前向きに考えてもいいかなと。

 

孤独期間に人は成長する

 

なぜ、孤独期間に人が成長するかというと

・自分と徹底的に向き合うから

・外部との関係を遮断することで新しい価値観に変わるから

といった明確な理由が存在します。

 

 

孤独期間を大切にすることで

自分と向き合って時間をフル活用して

未来のために頑張るという作用が働くんですよね。

 

 

例えば、年収1000万円を目指している

23歳の会社員が以下の生活を送っているとどうでしょう?

 

・金曜日は仕事のストレス発散で同僚と飲み会

・土日は友達と遊ぶ時間に費やしている

・まったく勉強していない

 

この23歳の若者が将来、年収1000万円を超える

可能性って感じられないですよね。

 

 

じゃあ、逆に年収1000万円の

目標を達成できる人はどう考えているか?

 

まず、今の自分に足らないことを考えるんですよね。

 

今の会社で年収1000万円到達できるのか?

そもそもなぜ年収1000万円になりたいのか?

何歳までに年収1000万円になりたいのか?

会社の収入だけで達成できるのか?副業した方がいいのか?

具体的にどうやって稼げばいいのか?

 

このように自分と向き合う時間が必要で

自分の課題がわかったら

その課題を解決するために学ばないといけません。

 

つまり、自分の課題と向き合い

課題を解決している期間はどうしても

”孤独期間”になるのです。

 

この孤独の成長する期間から逃げようとするから

いつまで立っても成長できなくなるんです。

 

よくあるのが、孤独がつらいから

友達と遊びにいきまくったり、

自分と向き合う時間から逃げて娯楽に逃げるということ。

 

あと、他人にアドバイスを求めたりとか。
(起業家の先輩などは除く)

 

よく、この人成長していないなって人ほど

まわりとたわむれて気を紛らわしたりしています。

 

なかのいい起業家同士で意見交換したり

遊んだりするのも注意が必要で

その空間に依存して他人にアドバイスを

求めてばかりの人間になると自立思考が芽生えないんですよね。

 

自分で事業を立ち上げて利益を出す能力が

いつまで身につかない状態になります。

 

「他人にアドバイスをもらえばいつか解決できるだろう」

という危ない思考になるんですよね。

 

 

もちろん、明確な考えがある上でコンサルティングを受けて

アドバイスにしたがって実行するとかは別ですが。

 

「他人に依存しよう。

いつか関わった誰かが

解決してくれるだろうorヒントが見つかるだろう」

 

こういった思考が危険なのです。

 

こうなると、問題にぶち当たったとき

自力で解決できなくなりますからね。

 

あと、友人や会社の同僚との距離も考えた方がいいです。

 

もし、いま会社員で起業に踏み切った場合、

応援してくれる人たちばかりならまだいいのですが

基本的には価値観が合わなくなってきます。

 

情報発信をして稼ごうとしても

いまだに怪しいと思っている人たちも

多くいるぐらいですし、

 

上司の愚痴大会の飲みに参加するぐらいなら

そのお金と時間を勉強に費やしたほうが明らかに成長します。

 

 

理解して応援してくれる人たちってなかなかいないんですよね。

 

「起業?どうせ失敗するでしょ」

という冷ややかな言葉をもらうこともあります。

 

 

そういう人と付き合いを続けていると

自分がせっかく頑張る気になったのに

マイナスの方向に引き戻されます。

 

だから、外部との関係を遮断して

新たな価値観を身につけていくのは

意外と大事な期間なんですよね。

 

自分自身と向き合い、学んで、

人生の課題を解決していく時間を確保する

ためにも孤独期間は必要ということです。

 

孤独がつらい、苦しい人へ

なれないうちは孤独期間はつらいかもしれません。

 

1人でビジネスをはじめて

トライアンドエラーを繰り返しながら

前に進んでいく期間です。

 

苦しくなり友達と遊びたくなる、

恋人や恋愛に逃げたくなる

という気持ちもわかりますw

 

 

でもこの期間を乗り越えて

将来を豊かにするためにも

孤独期間は自己洗脳して乗り越えるしかないです。

 

 

どういうふうに自己洗脳するかというと

・孤独期間を乗り越えたら大きく成長して稼いでいる

・価値観のあった仲間、起業家たちと出会って人生が楽しくなっている

こういった理想を思い描くと意外と楽になります。

 

具体的に自分の幸せだと思う未来を想像していくといいでしょう。

 

例えば高級料亭にストレスなく入れるとか

1年後はバリバリ稼いでいる人たちや

経営者、起業家と遊んでいるとか

支えてくれた彼女や家族と旅行にいきまくるとか

 

自分の理想像にそって明確にイメージすると頑張れます。

 

 

実際にこれって本当で

年収1000万円〜1億円以上を超えている

優秀な起業家たちは孤独期間を乗り越えたことで

稼ぐ実力を手にして、価値観の会う仲間達と

楽しく遊んだり仕事したりしてますからね。

 

 

注意点としてはダラダラやらないことです。

 

さすがに5年、10年孤独に耐えろとか

ムリがあると思うんですよね。

 

でも「この1年は目標に向けて頑張る!」

とかだったらまだ耐えられると思うんです。

 

人は目標が長期的になればなるほど

忍耐力が求められるようになります。

 

「1日断食してください」というものであれば

大体の人はクリアできると思うけど

 

「3日間断食してください」だと

さすがにムリって人が多いと思います。

 

ダラダラやればやるほど

進むスピードも成長も緩やかで中途半端になるので

せっかくやるのであれば

1年の孤独期間で一気に進めるのがおすすめです。

 

ちなみに孤独期間にまったく人脈を作るな

という意味ではなく

 

孤独期間は自分自身と向き合って

成長していくために時間を使おうということなので

 

そのために必要な人であれば

たまにあってみたり、話を聞きにいくとかは

必要に応じてやってみてください。

 

 

ということでまとめると

”孤独期間は不安でつらいこともあるけど

逃げずに問題解決していけば一気に成功できるよ”

ということでした。

 

それでは〜

 

次世代型の起業が学べるメールマガジンをやってます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です