未分類

熱闘甲子園をみてドラマを作れる人間になりたいと思った

 

こんにちは、にっしです。

僕はスポーツをみるのが好きで
特に格闘技、甲子園、駅伝
なんかはよくみます。

高校野球なんかは
特に感動しますよね。

 

僕も小さい頃は
甲子園に出ることが憧れで
野球を一生懸命やってたことがあります。

 

特に熱闘甲子園とかみると
感動しますよね。

テレビの中でファインプレーと共に
感動する曲が流れているのをみると
僕もいつか甲子園のステージにたちたい。

同じようにファインプレーをして
注目されたいと思っていました。

 

去年はOfficial髭男dismの曲と共に
プレーしている姿が熱闘甲子園で
放送されていました。

いや、かっこいいっすね笑

 

いかにも青春してるなって感じです。

 

で、この高校球児たちの
青春は積み重ねの上に
成り立っているんですよね。

甲子園に出るために
毎日、朝早くから起きて

朝練、午後練と夜遅くまで
練習しているわけです。

 

僕の高校生の時も
ダントツで野球部が1番練習してましたね。

 

別に僕の通っていた高校の
野球部は強い高校ではなかったけど
練習量がエグかったです。

 

全国各地にめちゃくちゃ練習している高校があって

その中でも特に強い1校だけが
県を代表して甲子園に立てるんですよね。

 

だから、高校野球をみていると
感動もするし俺も負けてられないと
勇気ももらえます。

 

熱闘甲子園という番組は
ドラマのように感動しますけど
ドラマは努力の上に成り立つんですよね。

 

これは野球以外もそうですけど
自分が人生の主人公になりたいのであれば
正しい努力を積み重ねないとドラマは作れません。

 

積み重ねた人間だけに
ドラマをみる資格があるんですよね。

高校球児たちは甲子園で
活躍するという目標のために
毎日、朝から晩まで練習するわけです。

 

まあ、ビジネスの世界は
野球と比べると

比にならないくらい楽勝ですが
それでも正しい努力を
積み重ねることは欠かせません。

で、ドラマを作れる人間というのは
現状を変えたいと必死に
努力しているからなんですよね。

 

最初っからすべて完璧ですって人は
あまり応援されないわけです。

 

たとえばドラえもんで
できすぎくんっていますけど
あんまりファンはいないと思うんですよね。

なんでもできて女の子からモテまくって
完璧少年ですみたいな笑

 

それよりものび太を応援している人の方が
多いと思うんですよ。

本当になんもできないクズだし
いつも失敗してドラえもんに頼るけど
しずかちゃんにずっと一途で
努力しているところを見ると
ちょっとは応援したくなりますよね。

あとジャイアンもいつもは
いじめる悪い奴に見えるけど
いざというときは仲間をまもる
正義感とかはあるじゃないですか。

 

だから映画のドラえもんは
大人になってみても感動する場面が
あったりするわけですよね。

 

ドラマや魅力的なストーリーは
現状を変えようと努力する姿が見えるから
感動するんですよね。

最初っから完璧人間の主人公が
いきなりヒロインとうまくいってる
ドラマをみてもあまり面白くないと思うんですよね。

 

だからやっぱりどんなキャラクターでも
少しはダメな部分があるわけです。

 

そして現実を変えるために努力をする。

 

ドラマもスポーツもビジネスも
積み重ねた人間だけがいい思いを
することができるんですよ。

 

だから僕も自分の人生を
主体的に歩むためにビジネスで
正しい努力を積み重ねて
行動しまくっていきます。

 

そしてもっともっと
魅力的で感動するような
ストーリーを自分で作っていきます。

 

ではでは〜

経済的に自立した方法を期間限定で公開。

現在、期間限定で1200円の電子書籍を無料でお配りしています。

僕はもともと不登校、吃音、浪人失敗と
20歳までは何かにチャレンジしても失敗ばかり。

吃音、不登校だったため
人間関係も決していいものではなく
人生を変えたいと思っていても
なかなかうまく行かない日々。

バイト地獄も経験し社会の厳しさを知る。

そんな僕が情報発信ビジネスで
なぜ稼げるようになったのかを記しています。

現状に満足していない、人生を変えたい。

そんなあなたにぜひ手に取ってもらいたい書籍
成長の軌跡を出版しました。

ぜひこちらに登録して受け取ってください。