ストーリー

他人と比較ばかりしていた僕は劣等感まみれで成人式にすらいくことができなかった。

どうも、にっしです。

 

今回は僕が20歳のとき成人式にいけなかった話をします。

 

 

こういった過去の深い悩みや
コンプレックスを記したものは
メルマガでしか書いていないんですけど

他人との比較で悩んでいるひとが多いので
僕がどうやって乗り越えてきたかをお話しします。

 

 

僕は大学受験で浪人して失敗後、
しばらくフリーターをしていました。

 

 

20歳になったとき
「俺は人生どう生きればいいの?」と
おそらくフリーターの悩みランキングで
1位であろう問題に悩まされていました。

 

 

で、20歳ともなれば同期はみんな
大学生か社会人になっています。

 

 

対して僕は実家に引きこもって
アルバイト生活に明け暮れていました。

 

このとき自分の心の中で感じていた
”周りとの差”
僕にとってはめちゃくちゃ嫌だったんです。

 

 

常に誰かとくれべられて育ってきたし、
自分でも他人と比較するクセがついていて

気がついたら社会と孤立して
周りからも突き放された感覚がしたのです。

 

 

「俺はこのまま死んでいくのか、、、」

そういう恐怖感が毎日のように襲ってきました。

 

 

「何かやらなきゃ」と思っても
やりたいことがないし目標もなくて動けない。

 

 

気がついたら自己啓発書を読んだり、
何とかセミナーみたいなのに参加したり。。

 

 

自分でも行動したいけど
「何やればいいかわかんねーよ」
という心の声がすごく大きかったのです。

 

 

その自分にくらべて僕の同級生は
めちゃくちゃキラキラしていたんですよね。

 

なんか夢があったりとか、
いきいきしていて輝いていて。

 

立派に社会人をやっていたり、
彼女作って楽しそうにしてたり、
大学生活を満喫していて楽しそう。

 

それが僕にとってはうらやましくもあり、
嫉妬や妬みの原因となったのです。

 

 

「あいつらは将来について何も考えていない

成人になっただけで騒いでしょーもない、、、

もっと大人になれよ、、、」

そんなことを成人式にいっているやつらを
思い浮かべて軽蔑していました。

 

 

まあ、劣等感から当時の自分は
彼らを見下していたのですが、
一番大人にならなきゃいけないのは自分でしたねw

 

僕は成人式の土俵にもたたずに
周りを妬んでいるただのインキャでした。

 

当時はそんなこともわからず、
「成人式は行ってもろくなことがない」
という謎理論を正当化していたのです。

 

 

でも、本音は周りと差を
自分で比べたり比べられたりするのが
ものすごく怖かったんです。

 

 

例えばふと同級生に会った際、
「にっしー久しぶり!
最近何してんの???」

みたいなことを言われるのが
とてつもなく怖かったんです。

 

 

自分の中で

友達は社会人、大学生(地位がある)
何者でもないフリーター(身分が低い)

みたいな構造ができてたんですよ。

 

 

だから、外に出るのもすごく怖くて
いつも知り合いがいないか気になって
挙動不審のやばいやつになってました。

 

たまたま外出したとき

友達にばったりと出くわして

「お、にっしひさしぶり!元気してた?
今は大学生?もしかしてもう社会人??」

 

と聞かれたときには
「ま、まあ働いてるよ、、、」

みたいな感じで答えて
すぐに話をすり替えていました。

 

 

だから、常に外に出るのが怖かったし、
周りと比べてストレスがかかっていました。

 

常に劣等感を感じる日々。

 

で、その頃、僕の劣等感のストレス値が
マックスに達したんですよね。

 

 

「もう、こんな日々嫌だ、

早く実家を出て自立したい。

自分の力で生きれるようになりたい」

 

僕はその劣等感がきっかけで
ネットビジネスに集中するようになりました。

 

 

はやく他人と比較するステージから抜け出したい。

その思いで必死にネットビジネスに取り組んだのです。

 

 

 

僕は物心ついたときから
10年以上は他人との比較で悩まされていました。

 

 

比較のクセがついたのは
小学校の運動会のリレーで
女子に抜かれたことからはじまりました。

 

僕の家はスポーツに力を入れていたので

それを見た父親と兄に
「女の子に抜かれて、、、恥ずかしい。。」
と言われたんですよね。

 

その体験から僕は人との比較が強くなっていきました。

 

 

比較対象に僕が勝っていたらいい子、

そうでなければ悪い子。

 

そういった教育を受けてきたのです。

 

運動会のかけっこ、クラスの成績、
兄とのできの差(運動神経、頭の良さ)など

比べては落ち込んでを10年以上繰り返していたのです。

 

 

上には上がいて比べれば比べるほど
「自分はできない、自分はできない、、、」
と脳にすり込んで気がついたら自信も失ってました。

 

まだ、2年ぐらい前の話なんですけどね。

 

 

 

でもそれからネットビジネスに出会い、

自立するために頑張ろうとはじめたことが
規模、可能性、夢、総合的にでかくなり
今ではやりがいのある仕事になりました。

 

 

 

自分が情報発信したことで
めちゃくちゃ喜んでくれる人がいたり、
ときには感動して涙を流してくれたり。

 

メルマガに長文で返信してくれたり。

 

 

それは情報発信で自分が
人の役に立てている証拠だし

社会との関係性(人間関係)を
ちゃんとこなせているということだから

俺もやればできるんだと
自信に繋がったんですよね。

 

 

だから、僕と同じように

自立して自分の力で稼ぎたい、
周りとの比較から抜け出したい、
自信をつけたい、

という人は「ビジネスを通して人の役に立つ」
というのが向いていると思います。

 

 

他者と比較して勝ち負けで勝負するのではなく
自分が”役に立てる場所”
見つけるといいんですよね。

 

 

なぜなら人の役に立つことで、
自分に自信もつくし
周りと比較する必要もなくなるからです。

 

 

僕はビジネスを通して人の役に立つことで
比較ばかりして病んでいた自分が
1年でスーッと綺麗に消え去りました。

 

 

だから、もしいま劣等感や
コンプレックスを抱えているなら
それをこれから何十年と抱えて生きるのではなく

ビジネスをはじめてこの一年で
スーッとなくしてあげればいいかなと。

 

 

劣等感から抜け出すと
めっちゃスッキリしますよ~

 

 

 

それでは!

起業を通して自己肯定感を高めた方法が無料で学べます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です